『トキとの別れ』





レイの死後、マミヤの村を一人静かに去っていくトキ。
― アニメオリジナルシーン ―










 「あなたも行ってしまうのね…」















 
「レイとの想い出を大切にな…」

















  一人寂しくトキを見送るマミヤ…
  (マミヤの隣にはレイがいてほしかった…)















レイ亡き後、ケンシロウは村を去り、
トキはどのくらいマミヤの村に滞在していたのか気になります。
きっと、一人残されたマミヤの心の支えになっていたんでしょうね…(涙)
トキは自分と同じ愛し方を選んだレイの想い
そして、レイ亡き後、その想いに応じようとするマミヤの気持ちを
誰よりも理解していたのかもしれません。

「レイとの想い出を大切にな・・・」

このシーンに、バットやリン、アイリが登場しないのは
このセリフに込められたトキの想いが、
マミヤにだけ向けられたものと印象付けたかったからだと思うのです。
(アニメスタッフGJ!!!)

愛する人に想いを伝えず、見守ることを選んだトキ。
レイの無償の愛に、自分を重ね合わせていたのかもしれません。
マミヤにはレイの気持に応じ、レイの愛を胸に生きてほしいと、
心から願っていたことでしょう。

もしレイが生きていたら
マミヤと二人でトキを見送っていたかもしれませんね…(涙)

それにしても、北斗の漢達は、悲恋ばかり・・・
トキにも幸せになってほしかった。





BACK



inserted by FC2 system